靖国フリマ の 特徴

  開催履歴 : 2006年4月から フリマを 毎月開催
          2016年11月から2019年9月まで お休み
          2019年10月に 復活!


 ● 靖国フリマの特徴は?

 
 
  2019年10月に復活した靖国フリマは
  大村銅像の横に新たに造成された
  中央広場をメイン会場として開催します。

  ただし、 2016年10月までは
  車出店が中心のフリマでしたが
  2019年10月からは
  手もち出店のみの開催 となりましたので
  雰囲気や特徴は
  以前とは ちがったものになる と思われます。
 
  そのため、何ヵ月か 様子を見た後で
  このページを まとめようと 考えています。
 
 
  ・・・・・ 準備中
 
 

 2016年10月までの特徴は、以下のとおりです ↓


 ● 出店者の 年齢層は 幅広い

 出店者の
年齢層幅広い 印象です。

 靖国神社の周辺(九段、市ヶ谷、飯田橋、神保町)には
 有名な大学や高校が、 多数 ありますので、
 若者中心のフリマかな と思われがちですが、
 そうでは ありません。


 
手もち出店 は、
 
10代、 20代、 30代、 40代、の 女性 が中心で
 
学生、 OL、 主婦、などの 友達どうし
 2~4人 集まって 1区画をつかって 出店している
 というのが、 多い形です。


 中には、
 おじいちゃん、 おばあちゃん、 と 若夫婦 と 孫たち、
 というような、 親子3代 での 出店も、 めだちます。

 ちなみに、
 出店者の
男女比率 は、 女性65%、 男性35%、
 となっています。




 ● 買物客の 年齢層も 幅広い

 買物客の年齢層 も、 出店者と同様に、 幅広く、
 出店している人の年齢層 に呼応するように、
 
10代、 20代、 30代、 40代、 50代、の男女 が中心
 となっています。

 また、 他のフリマ会場に比べて、
 年配の方の買物客 が多いのも、特徴となっています。




 ● 外国人の 買物客も 多い

 また、 靖国神社の周囲には、
 日本となじみの深い
各国の大使館 が多数あります。
 そのため、 それらの関係者(職員&家族)の方々も
 けっこう
買物に 来ています。

 ちなみに、
 大使館の関係の人は、 ほとんどの人が
日本語OK です。

 また、 大使館の関係の人が
出店してくれる ということも
 時々、 あります。




 ● 国内から、 海外から、
   観光客・参拝客 も 非常に多い


 靖国神社は、 日本有数の名所 として、
 日本中から、 世界中から、
観光客 が来ています。
 
 日本全国の観光バスの会社が、
 ディズニーランド や スカイツリー と同様に
 東京観光の
バスツアー のメニューに組み入れているほか

 
はとバス などの 首都圏の 定期観光バス のメニューにも
 靖国神社は 入っています。

 観光バスは、 一日当たり 平均して
100~130台前後
 来ています。

 また、 海外からの
旅行者用ガイドブック にも
 靖国神社は、 必ず 紹介 されています。
 
外国からの観光客 も、 毎日、 おおぜい 来ています。

 もちろん、 靖国神社は、
 日本有数の
超有名な神社 ですので
 参拝客数 も 非常に多いです。

 靖国神社の 年間の 参拝客数 は、
 
約600~800万人(大手旅行会社調べ)
 なっています。




 ● 遠方からの出店者 も多い


 通常の出店者は、
 
東京、 神奈川、 千葉、 埼玉、 茨城、 が中心ですが
 
群馬、 栃木、 山梨、 静岡、 からの出店者も 時々 います。

 靖国フリマは 土曜日の開催が多いため
 土曜日の早朝に家を出て、高速を飛ばして靖国に来て
 昼間はフリマを楽しんで、 その日は東京に泊まって、
 翌日の日曜日は、 ディズニーランドやスカイツリーで
 ゆっくり遊んで、日曜日の夕方に家路につく、
 というようなパターンも、けっこう あるようです。
 運転する人(お父さん?)は、 少し大変ですが・・・



 Copyright(C)1997-NOW 環境を考える市民の会 代表者 All Rights Reserved.