環境フリマイベントフリマ

 現在、 屋外で開催されているフリマには
 大きく分けて
2種類 あります。

 1つは
環境フリマ(市民・リサイクル・フリーマーケット)
 もう1つは
イベントフリマ(イベント・フリーマーケット) です。



 環境フリマ
 (市民・リサイクル・フリーマーケット)


 環境フリマ とは、
 いわゆる
環境対策・環境目的 で開催されている
 フリマ を言います。

 主な 具体的 目的 は、 次のとおりです。

 
①ごみ減量=できるだけゴミを出さないようにしよう
  燃せば 二酸化炭素が出るし、
  埋めれば 海でも山でも 環境の悪化につながります。

 
②資源の有効活用=リユースの推進
  捨てるのではなく、 使えるものは繰り返し使おう。
  自分が使わないのなら、
  それを必要とする人に使ってもらおう。

 
③居住環境・居住空間の改善
  現代人の居住空間は、物であふれています。
  限られた居住空間を有効に活用するためには、
  物の処分は かかせません。
  不用品は、 捨てるのではなく、 それを必要とする人に
  譲渡する(すなわち、フリマで安く販売する)ことによって
  部屋やタンスの中が、 広く 使えるようになります。

  実際に、フリマに出店している人にアンケートをとると、
  この 居住環境・居住空間の改善 という目的が、
  大きな比重を占めていることが わかります。 (^o^)

 
④物を大切にしよう=日本古来の美徳:もったいない精神
  普段から 物を大切にする精神を尊重し、
  大人から子供へと その精神を継承していこう。

 したがって、 
 以上のような目的から開催されている
環境フリマ は、 
 
一般の市民の方々が、 自宅から 不用品を持ちよって、
 
それを必要とする人に、 安く販売する
 という形態になっています。

 以上のような観点から、 
環境フリマ
 
あくまでも、 営利を目的と しない
 
(中古プロや新品業者などは、当然、出店禁止!)
 という 大前提 のもとで、 開催されています。




 イベントフリマ
 (イベント・フリーマーケット)


 イベントフリマ とは、 環境フリマ営利性 をプラスして
 出店の自由度 を大幅に高め
 イベント的な要素を 前面に出したフリマ を言います。

 イベントフリマ では、
 いわゆる 中古プロや新品業者 の出店もOKとしている他、
 飲食物のケータリングカーや 屋台・ワゴン、
 農作物・海産物(米や野菜、鮮魚や干物などの販売)、
 手作り品(アート作品、手作りアクセサリー、など)、
 大道芸人(ヘブンアーティスト)、 アマチュアバンド、 占い、
 エステ、 アロマテラピー、 マッサージ、 ネイルアート、 ・・・
 などなど、 一般的な商業・販売行為も認められている上、
 サービス行為などでの出店・販売も、 可能となっています。



 環境フリマイベントフリマ の 見分け方

 環境フリマ
イベントフリマ は、
 その
会場 で、 おおまかに 区別 できます。

 環境フリマは、
 公共の公園や 公的な施設や広場 など、

 公共の(公的な)会場
で開催されています。

 
イベントフリマは、
 競馬場、 スタジアム(野球、サッカー、他)、 展示場、 など
 営利活動が認められた 民間の会場 で開催されています。


 ・
 というような次第ですので、 一口に
フリマ っと言っても
 会場主催者 によって、
 その
性格雰囲気 は ずいぶんと 違います。


 私たち : 環境を考える市民の会
 開催しているフリマは、
 靖国神社 も、 錦糸町イベント広場 も、
 あくまでも、
環境フリマ です。


 私たちは、 
ごく一般的な 市民の方々 が、
 気軽に ・ 気楽に、
リサイクル ・ リユース を実践できる
 場所と機会 とを提供するために、 活動しています。


 ご理解・ご支援・ご協力のほど、 よろしくお願いいたします。
 (*^o^*)/


 Copyright(C)1997-NOW 環境を考える市民の会 代表者 All Rights Reserved.